• Mariko Okubo

運命に身をまかせる。


私は小さな望みが叶うと、また次の望みが湧いてくる。

日本に帰国してから

『電気窯が欲しい』

『日本の百貨店で作品を販売したい』

『陶芸関係で海外に行きたい』

『福祉施設の先生もやりたい』

自力で叶えてきたと言うより、自分も努力をするけれど運命が予想以上に導いてくれる。

そしてまた次の望みも頭の片隅にある。

良いか悪いかは別にして、際限ない。


それは自分が次に進むモチベーションだと考えることも出来るんだろうけど、最近無性に『無の境地』に触れたくなって、毎朝瞑想もするし、今更ながら禅語の本を購入した。




その中には有名な『一期一会』や『日日是好日』と共に『知足』がある。

足るを知る、という意味であるのは以前から知っていた。

自宅からバスで10分くらいで行ける龍安寺のつくばい(水戸黄門が送った)にも、「吾唯知足(ワレタダタルコトヲシル)」と書かれている。



今を『ありがたい、もう充分です』と受け止めるという意味ではあるけれど、与えられるものをあえて拒否する必要はないですよと本の作者(禅寺のご住職)は書いておられる。


その考え自体も、

行雲流水…運命に任せる

というものかしら。

私も『行雲流水』の考え方なら、ここ数年実践してきたかもしれない。


雪月花…季節の変わり目を肌で感じる

閑坐聴松風…風の音を聴く

無心…自然体で臨む

余白…何もないから美しい

一期一会…すべての出会いには意味がある


読んでいるだけで、自然の中に身を置くような心地になり、気持ちが穏やかになる。

やるだけやったら、後は運命の流れに身をまかせてみようと思う。


129回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示