検索
  • Mariko Okubo

阪急での初催事が終わりました。



昨日、千里阪急さんでの初めての出店が無事に終わりました。 阪急のバイヤーさんに

「大久保さんの作品は阪急に合う」

と気に入っていただいて、

初出店は、かつて住まいがあった大阪北摂エリアに自分で決めさせていただきました。

1階の入り口正面の一番素敵な場所で、 スペースの関係で小作品のみの展示でしたが、作品達がライトに当たり幸せそうでした。

お客様にもたくさん足を止めてじっくり見ていただけました。 地元の友達は直接誘うのは控えていましたが、 サブライズで顔を出してくれる人が結構多くて嬉しいかったです。 何点か購入していただいたお客様から、 「素敵な作品をありがとう。これは大切なお友達として受け取ってください。」

と後から贈り物をいただいたり、

別の方は作品に加えて、作品集も欲しいと言われて、たまたま予備があったので販売させていただくと、

「こんな素敵な本を分けていただいて…ありがとうございます。」

とまで言って喜んで下さったりしました。

身にあまる光栄です。

こうやって新旧の作品がお嫁入りしていくと、

想い入れもあって少し淋しくなったりもしますが、また次の作品が作れます。

人生でこれからどれくらい生み出せるのかな。


88回の閲覧